鴬谷のデリヘルで性病に感染しない為に利用者が知っておかないといけないことを幾つか

「あの風俗で性病を感染されたんだ!」と愕然とした経験がある人は、決して少なくないでしょう。その時に「あの店を訴えてやろうか!」と腸が煮えくり返る思いをする人もいるでしょうが、風俗で性病を感染されたと考えられる場合に、店を訴えたり賠償金を請求したりといことは可能なのでしょうか。

可能といえば可能だし、不可能といえば不可能です。性病と知りつつ、感染のおそれもあることの認識がしっかりと相手側にあったならば、傷害罪になる可能性が高くなります。検査をしてはっきりと病気と解った上、人に感染させようという明確な悪意があったとしても、それを感染された側が立証することは困難です。

確実にこの人から感染されたということを立証しなければならないのは、訴える側です。要するに「感染された」と思っている方が、確実にこの人からだという因果関係を明らかにしなければならないわけです。相手が性病であって、訴えた側が風俗にいった以前から性病であったということがわからなければなりません。

その時に定期的に行っている検査結果が陰性とでて、その訴えに対して善意で検査を行った結果が陽性だったとします。「もしかするとあなたの方から感染されたのではないですか?」ということだって言えますよね。その女性についたお客さんがすべて性病にかかったという証拠があれば、因果関係があると判断される材料としてはかなり有利なものとなりますが、まずそんな情報を集めることはできません。

ましてや売春を約束している店舗などは法律に則っているならばありえない話です。性病はコンドームを使い、直接的な性交渉がなければなかなか感染りにくいものです。たしかにスマタでもコンドームを使用していなければ危なくてしょうがないのですが、店舗は「コンドームの使用」としていたと主張するでしょう。

となればその女性もしくは訴えている人間との個人的なやりとりとなってしまいます。そのようなことから考えて、風俗で性病を移されたら店を訴えたり治療費や賠償金を請求したりといったことは出来なくはないが、限りなく困難であるということになります。腹いせにネットなどで騒ぐことは出来るでしょうが、誹謗中傷と受け取られることにもなりかねません。

ましてや「店外デートに誘って断ったらこんなことを言い出した」程度で片付けられる可能性のほうが高いでしょう。病気になってから騒ぐよりも、病気にならないようにして楽しく遊ぶほうが賢明です。