鶯谷のデリヘルの衛生管理も超重要なのですが自身の衛生管理意識も超重要

風俗で遊ぶ事は、「求めるときにお金さえればすぐに欲求を満たすことが出来る」という点で、ある程度のリスクは伴います。「性病が怖かったら風俗で遊ぶな!」という強者も数多く見かけます。とは言え「風俗で数多く遊べば、全く遊ばないで一人の安全なパートナーだけセックスを楽しむ人よりは、性病に掛かる確率が高い」というだけで、しっかりと管理しているお店であれば、可能性自体はかなり低くなります。

自分自身もコンドームを使う等予防をすれば、更に低減するでしょう。性病にかかりたくてかかる人はいません。ルールを守っていれば、それなりにリスクを回避することは出来るのです。しかし「皆無」ではありません。指導が行き届いたお店であっても性病には潜伏期間がりますので、感染していてもその時の検査には現れてこないだけのことだってるわけです。

またその風俗嬢が性病にかかっていななかったにしても、前のお客さんの菌が残っているなどして、性病に掛かる可能性もナキニシモアラズ。もっと怖いのは、それを自分が拡散させてしまうことですよね。出会い系サイトやナンパなどで不特定多数の人と性的な接触を持つことが多い人は、定期的に性病検査を受ける必要があります。

現代の医学では決定的な治療法がないHIVなどは、保健所などで「匿名」「無料」の検査を受けることが出来ます。「治療法がある性病なら感染していいのか」ということではありませんが、発病すれば死に至る可能性が高いHIVに関しては、そのように国も無償の検査を提供しているのです。

そこまでしているにもかかわらず、「献血」を利用して性病感染の有無を確かめようとする人も多く、それによって被害も出てしまいました。多くの人は善意の気持ちから献血を行っていますから、少数の悪意ある献血者のためにこのような事件が起きるのは、大変由々しい問題です。

献血時に感染リスクがあるようなセックスを行ったとうことを伏せて献血していますから、確信犯としか言い様がありません。日赤が献血時の血液にHIVの陽性反応が出てもそれを本人に告げることは約束していませんが、HIV検査陽性という重大な結果に直面した検査医師が本人に治療を促すためと拡散の防止のために伝えることはないことではありません。

それを目的とした献血を、その感染者は行った訳です。風俗で遊ぶことも、通常の性的接触のあり方からは逸脱していますので、感染リスクは小さくありません。定期的に検査を行うべきです。